オススメ記事
●捨てられる&衣替えしなくていい洋服収納‐その3

こんにちは~勝間まなみです😊

前回。
●捨てられる&衣替えしなくていい洋服収納‐その2

続きです。今回は衣替えの流れをご紹介します。

というか、わざわざ衣替えしなくても自然とその季節のものがハンガーにかかっていく様子をご紹介。

春から夏へと季節が変わりました。今日は、半そでの夏服を着ようとおもいます。

季節外の服は引出しに入っているので、そこから出します。

引出し奥の黄色い服を着ようとおもいます。
↓↓
t02200165_0640048012583135793

出しましたTシャツ。。今日はこれを着ます。
↓↓
t02200165_0640048012583135792

そして、今日着た黄色い服はあとで洗濯。

洗濯し終わったので、ハンガーにかけようと思ったのですが、ここで問題発生。ハンガーが足りません。

そりゃそうですよね、足りなくてあたりまえ、服はハンガーから出したのではなく、引出しから出したもの。なのでハンガーには全部服がかかってます。

ここで、一番左にあるジャケットを出します。ハンガーを空けるためです。ハンガー
↓↓
t02200165_0640048012583135795

出したジャケットはたたんで引出しへいれます。
↓↓
t02200165_0640048012583163944

この時、注意したいのはジャケット等なるべくシワにないように、たたんで入れるということ。洋服のたたみ方などはまた別の機会にご紹介しますね。

ジャケットを引出に入れたので、ハンガーがひとつ空きました、そのハンガーに洗濯したカットソーをかけて右端に入れます。
↓↓
t02200165_0640048012583135796

これで、ひとつ衣替えができました。そして、この動作をどんどん続けていくだけで、いつのまにかハンガーには夏物だけがかかるようになります。
↓↓
t02200165_0640048012583143584

ということははてなマーク

普通に服を出して、洗濯して、クローゼットに戻す動作を続けるだけで衣替えは終了しているということです。

ということははてなマーク

これからは、わざわざころも替えをしなくてもいいっていうことです。おっオー!

なんてラクチン~きゃー音譜ウレシイー

これぞ!!ずぼら~にぴったりの収納法~ わーい!ヤッター

そして、この方法は子供部屋でも活用できます。子供に洗濯した服は右側にかけるようにしてもらえばいいだけ。ぜひ、ご家族みんなのクローゼットでこの方法を活用してみてください。それだけでママの負担はぐーんと減ります。

それでは、ここでエル

全体の流れをわかりやすく掴んでいただくために、前回おおざっぱにしか紹介できなかった引出しの中身から詳しくご紹介。目
↓↓
t02200165_0640048012583157931

上に着るものTシャツTシャツ③~⑤に入りきらないものが入っています。いずれも、立てて収納。前に前にと入れていきます。
↓↓
t02200165_0640048012583158995

はジャケット類ジャケットボーダーインナー付きジャケットジャケットは下に着るもの+アウターデニムパンツコートコート。④のジャケットは上に上にと積んでゆく収納。⑤は立てて収納。前に前にと入れていきます。
↓↓
t02200165_0640048012583159820

この引出しの中で、着た服、着てない服の服の流れを作り、いる服いらない服の分別してゆくのですが、そちらの流れを詳しくご紹介。

--例1--

上に着るものTシャツTシャツサンジシャツの引出しがいっぱいになったら、何も考えずに一番奥にある服を取り出します
↓↓
t02200165_0640048012583158994

そしての引出し一番手前に入れます
↓↓
t02200165_0640048012583158993

--例2--

のジャケットジャケットボーダーインナー付きジャケットジャケットの引出しがいっぱいになったら
↓↓
t02200165_0640048012583163944

何も考えず一番下のジャケットを出します。(ジャケットは上へ上へと収納しているため)
↓↓
t02200165_0640048012583148286

そしての引出し一番手前に立てて入れます。
↓↓
t02200165_0640048012583158992

この流れをくり返してゆくと、着ていない服が自然と⑥の引出しに集まります。

全体の流れとしてはこんな感じ
↓↓

t02200293_0480064012576321037

クローゼットがいっぱいになり、服が入らなくなったら⑥の引き出しの中にある服から捨てる服を選べばいいだけ

もしすぐに捨てられない場合は、他の場所に新たに捨てられない服置き場として場所をもうけ、そこに移動させればいいだけ。

つまり、このしくみのいいところは5つ5音譜

1季節ごとにころもがえをする必要がない。

2服が自然と振り分けられ、着ていない服が一箇所に集まり捨てやすくなる。

3着ていない服はその都度出すことができるのでクローゼットが一杯になることがない。

4今着ている服がいつもハンガーにかかっているので取り出しやすくしまいやすい。

5今着ている服をハンガー干しできるので、洗濯物をたたむという作業をしなくてよくなる。

です。

一度このしくみを作ってしまえば、服の収納がとてもラク。そして、とても捨てやすくなり、クローゼット内はいつもスッキリ~となります音譜

でも~やっぱり私はここまでしても洋服を捨てられそうにありません~むっって方は、捨てることに対する強い抵抗があります。

そんな方は、まずはメンタルクリアリング

メンタルクリアリングで捨てることへの抵抗をまずは捨てましょう~Stopポイっゴミ

そうすると、びっくりするぐらいサクサクと捨てられるようになりますよビックリマーク

ばいばいさようなら~ポイポイゴミTシャツ。黒パンツ

 

洋服収納に困っている方。この機会にぜひ、トライしてみてくださいねひよのしんDASH!

次回は、ハンガーの下においてあるボックスの収納の紹介です。

こちらには、パジャマ、部屋着、下着、靴下などが入っています。奥行をうまく利用して、1分で衣替えできるしくみです。

 

引き続き、見てくださいね~目

 

では、またパー

 

続き
●捨てられる&衣替えしなくていい洋服収納‐その4を見る>>>

 

おすすめの記事